top of page

【ダイエット】今話題の”HIIT”を紹介します!



いつも当店をご利用いただきありがとうございます。

幸町卓球倶楽部の中間です。


今回は、HIIT(高強度インターバルトレーニング)についてご紹介します。



HIITとは?

 

HIIT(高強度インターバルトレーニング)とは、高強度のエクササイズを瞬発的に全力を出して行い、短い休憩をとる、そしてまた高強度のエクササイズを行う、ということを繰り返すトレーニングです。

つまり、メリハリをつけて限界を超える運動をすることで脂肪を爆発的に燃焼させていく有酸素運動なのです。



どのようにやるべき?

 

これがHIIT最大のポイントです。瞬発的なエクササイズのときは負担が大きくキツいのですが、長い時間やる必要はありません。

HIITの最大トレーニング時間には色々な意見がありますが、最大でも30分です。30分を超えて行うと怪我などのリスクが出てきたり、キツさのあまり長続きしないなどのことがおきてくるようです。

エクササイズと休憩の比率ですが、2:1や3:1で行うことが一般的なようです。2分エクササイズを全力で頑張り、1分は休憩するというやり方です。休憩中は完全に止まるのではなく歩くなどして運動を続けながら疲れを回復させる方もいるようです。



メリット

 

1.全身を使った運動になる

ウエイトトレーニング等の局部的な運動と違い全身運動を取り入れることで効率的に全身運動することができます。


2.所要時間が短い

最大でも30分と短い時間で効率的に効果を得ることができます。


3.スタミナがつく

一般的なトレーニングは一定のペースで行うことが多いですが、心肺機能に負荷をかけるものとかけないものを繰り返すため、スタミナがつき様々な運動でパフォーマンスを向上サせることができます。


4.代謝が上がる

HIIT自体は短時間で終えることができますが、その後も代謝が活性化された状態がつづきます。体内の熱発生を高めるのでより日常のカロリー消費をより高めることが可能です。



HIITを卓球に応用できる?

 

卓球のフットワーク練習を時間を区切って行う場合大体1~5分程度になります。多くのボールを用いておこなう多球練習の場合だと2分が限界になるでしょう。フットワーク練習を行い、別の人の番では球拾いを行って疲労回復、そしてまたフットワーク練習を行い、球拾い。このように練習メニューを組めばHIITを卓球でも行うことが可能です。



まとめ

 

以上がHIITの基礎的な部分です。散歩などに比べると負担が少し大きいですが、当店にお越しいただき、卓球の楽しみも加えながらHIITに取り組んで見て下さい。きっといつもの運動とは違う大きな実感を得ることができるでしょう。



閲覧数:100回0件のコメント

Comentarios


bottom of page