top of page

【ラバーレビュー】ラザンターR47



いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

幸町卓球倶楽部の中間でございます。


本日は、初の試みですがラバーのレビューをさせていただければと思います!


ドイツの卓球用品メーカー「アンドロ」と契約してから約1年が経とうとしています。


あまりなじみのないメーカーで、代表されるシリーズ「ラザンター」シリーズのレパートリーが硬度別に、37-42-47-48-50-53と多岐にわたります。


さらに掛け合わせる形で、回転重視のRとスピード重視のVがあり、なかなかベストを見つけることができていませんでした。


もともと私中間は、バタフライの「テナジー05、05FX」やニッタクの「ファスタークG1」、ミズノの「GF T48」を使用いていましたが、直近バタフライから「ディグニクスシリーズ」が発売されたので「ディグニクス80」なども試し打ちしてい見ていましたが好感触でした。


もともと少し柔らか目のラバーが好きなので、ラザンターシリーズはR42からスタートしましたが、柔らかすぎて次にV47を使いいい感じと思っていましたが、少し物足りない印象えした。その後R48の発売に合わせて使用しましたが、硬すぎるかなといった感じで迷走していましたが、最近R47を使い始めてしっくりきました!


ファスタークG1を利用されている方は多いと思います。おそらく使用されているかたはテナジーとかディグニクスがいいけど、高すぎるからファスタークという形だと思いますが、はっきり言うとG1よりはR47が良いです。


テナジーやディグニクスシリーズは台から少し出る下回転を打つ時に触っただけでドライブになりますが、試合で緊張したとき台上の技術やサービスコントロールが僕のレベルでは難しい印象でした。


ラザンターR47はそんなプレイヤーにピッタリな選択肢だと思います。価格的にもファスタークシリーズと同程度でそれよりは正直いいです。練習中の満足感はテナジーには及ばないですが試合となると僕のレベルにテナジーやディグニクスは手に余っている感じもあります。


R47であればそのちょうどいいところを満たしてくれるラバーだと思います。

当店でも販売しておりますので是非、お試しください!

閲覧数:140回0件のコメント

Comments


bottom of page